キャンプ初心者にも簡単に焚き火を起こせる着火剤はこの3つで十分!

キャンプ初心者の着火剤 アウトドア
  • キャンプ初心者でも焚き火をやってみたい!
  • キャンプ初心者でも簡単に焚き火を起こせる?
  • おすすめの着火剤を知りたい!

このような悩みを解決する記事を用意しました!

キャンプブームに乗っかりキャンプを始めたのはいいけど、なかなか火を起こせなくて家族や仲間を待たせてしまい、気まずくなった経験ってありませんか。
楽しみにしてたキャンプで盛り上がるためには、火起こしはサクっと手慣れた感じでやりたいですよね。

当記事を読めば、キャンプ初心者でも簡単に焚き火を起こすための着火剤を使いこなして、火起こしの達人になれます!

Webライター<br>あらた
Webライター
あらた

キャンプで火起こし担当の私が、おすすめの着火剤を解説しています。

今回紹介する着火剤を使って、火起こしの順番を間違えなければ焚き火を楽しめますよ!

前半ではおすすめの着火剤について基礎知識を、後半は着火剤のプチ情報を解説していきます。

当記事で分かること

・3つのおすすめ着火剤だけでいい
・着火剤の選び方
・着火剤のおまけ
・やってはいけない注意点

焚き火の火起こしに悩んでいるかたは、ぜひ最後までご覧くださいね!

着火剤って何?

着火剤とは、焚き火をするために簡単に火を起こすアイテムのことです。

焚き火って木材や炭に火を入れていくのですが、初心者の人がやろうとすると予想以上に時間がかかってしまうときがあります。

でも着火剤を使えば、焚き火を起こすのが苦手なキャンプ初心者でも簡単に火を起こせるので失敗しません。

とはいえ、どんな着火剤を選べばいいの?と、思いますよね。ここからは、キャンプ初心者へ着火剤の選びかたとおすすめの着火剤を3つだけ紹介します。

着火剤の選び方

まず最初に、着火剤の選び方のポイントは5つに分けられます。

  1. 固形タイプ
  2. ジェルタイプ
  3. ニオイ
  4. 燃焼時間
  5. 防水タイプ

キャンプ初心者の方は「選ぶだけなのに5つもポイントがあるの?」と思われたかもしれません。

では、分かりやすくポイントを解説していきます!

固形タイプ

固形タイプの着火剤は、キャンプ初心者にとっておすすめのタイプになります。

何といっても小分けにできて使いやすいのと、燃焼時間が長いタイプが多いからです。

例えば、UCOの『ストームプルーフ スィートファイヤービヒモス ストライカブル ファイヤースターター』は約10分近く燃焼する着火剤です。10分程度の燃焼時間があれば、木材にも十分に火が伝わります。

細かい量の調整はできませんが、安全に確実に使えるのが固形タイプになります。

ジェルタイプ

ジェルタイプの着火剤は、火力が強いので初心者にはあまりおすすめしません。

着火剤の量を間違ってしまうと火の勢いがつき、火をコントロールできなくなる可能性があります。また、チューブジェルタイプの事故も多く報告が上がっています。

ただし、慣れてくれば簡単に焚き火を起こせるのでとても便利な着火剤ですので、チューブタイプとパックタイプを使い分けて選ぶと良いでしょう!

ニオイ

着火剤は製品の素材によってさまざまニオイがするので、好みによって選ぶ方法があります。

石油系の素材を使っている着火剤は、他の着火剤と比べるとニオイが強めです。焚き火を料理にも使う場合は、ニオイ移りがする可能性も考えてニオイが弱い着火剤にしたほうがいいでしょう。

天然素材や化学成分不使用と書いてる着火剤にすれば、嫌なニオイがしないので選ぶときに検討してみてください。

燃焼時間

燃焼時間は着火剤を選ぶときの大切なポイントになります。

燃焼時間が短いとキャンプ初心者の方は、木材や炭に火を伝えられないときがあります。できるだけ燃焼時間が長い着火剤を準備してください。

家族や友達とキャンプにきて、なかなか焚き火が始まらないと雰囲気がでず、焦りから余計に火をつけるのが難しくなります。

ここはプライドを捨て、燃焼時間が長い着火剤を使い、サクっと火を起こしてみんなを安心させましょう!

防水タイプ

キャンプは天候に逆らうことができないのも醍醐味としましょう。そのため着火剤も防水タイプを準備しておくと大変便利です。

着火剤や薪を準備しても火がつかないと意味がありません。天候が悪くなり湿気がすごく気温も下がった状態では、楽しいキャンプが嫌になってしまいます。

でも防水タイプの着火剤をもっていれば、木材や炭を濡らさない限り火を起こせるので、天候も焚き火も両方を楽しんでください!

おすすめの着火剤3つ

着火剤を選ぼうとすると物凄い数があるので、キャンプ初心者の方は「どれを選べばいいの?」と悩んでしまいます。着火剤選びに時間をかけていると他の準備がすすまないですよね。

ここでは、以下の着火剤3つさえあれば、とりあえずキャンプ初心者でも困らず火起こしができる商品を紹介します。筆者もこれから紹介する着火剤を使って毎回焚き火をしています!

おすすめの着火剤3つ

  • FIRE LIGHTERS ファイヤーライターズ マッチ型
  • ロゴス 防水ファイヤーライター
  • ティンダーウッド

火力が強いジェルタイプはおすすめに入っていません。取り扱いを間違えると危険なため、キャンプ初心者は上記のような固形や天然木材のほうが安心して焚き火ができます。

おすすめ1:FIRE LIGHTERS ファイヤーライターズ マッチ型

FIRE RIGHTERS
FIRE RIGHTERS ファイヤーライターズ
商品    FIRE RIGHTERS ファイヤーライターズ    
製造スウェーデン製
サイズH120mmxW67mmxD30mm
重量142ℊ
素材木材繊維、直物製ワックス
数量   20本入り
燃焼時間約8分

まず最初におすすめする着火剤は、スウェーデン製のマッチ型の着火剤『ファイヤーライターズ』です。

中身は20本入っていて、1本ずつバラせるようになっています。必要な本数だけバラせるので使わないシーズンなども管理するのにもとても便利です。

FIRE RIGHTERS
FIRE RIGHTERS

使用方法はマッチと同じ使い方です。箱の横にある茶色点にすばやく擦れば簡単に火をつけられます。

FIRE RIGHTERS
FIRE RIGHTERS

とはいえ、こんなマッチみたいな着火剤で焚き火ができるの?と、ちょっと伺わしいところもあると思います。

筆者は毎回「FIRE RIGHTERS」で簡単に焚き火を始めて、キャンプ飯も作って楽しんでいますが、YouTubeでも「FIRE RIGHTERS」を検証してる動画がたくさんあるので、実際に見てもらうとどれだけ優れものか分かってもらえると思います!

引用元:ハピキャンチャンネル

キャンプ初心者でも手順を間違わなければ、失敗しない着火剤としておすすめの1つです!

おすすめ2:ロゴス 防水ファイヤーライター

ロゴス 防水ファイヤーライター
引用元:ロゴスショップ公式オンライン
商品    ロゴス 防水ファイヤーライター        
製造オランダ製
サイズH150mmxW200mmxD30mm
重量350ℊ
素材パレフィン
数量   21pcs入り
燃焼時間約15分

次におすすめする着火剤は、ロゴスの防水ファイヤーライターです。

何といっても、防水の強みを100%活かしている着火剤になります。突然の天候不良でも全く怖くありません!(雷は怖いですが……)

水に濡れても火をつけられるし、火がついている状態で濡れてしまっても燃え続けるられる製品になってます。

箱の中には21個の着火剤が入っているので、使いたい分だけ取り出せるので『FIRE RIGHTES』同様に、管理が楽にできます。

防水ファイヤーライターも多くの動画配信があるので、一度見れば納得できること間違いないでしょう!

引用元:ロゴスショップ公式オンライン

一般固形タイプの着火剤と合わせて準備しておけば、万が一の雨でも大丈夫です。

おすすめ3:ティンダーウッド

最後におすすめの着火剤は、松脂(まつやに)を多く含んでいる松の木から切り出したティンダーウッドになります。

キャンプ初心者としては、ちょっと手間がかかってしまうのですが、ファイヤースチールを使って火起こしするのって男性キャンパーの憧れでもあるんですよね。

着荷剤として使うときは、まずティンダーウッドからダストを作ります。
背中側が鋭く角がたっているナイフでダストをつくり、ファイヤースチールで火花を起こして削ったダストに飛ばし火を起こしていきます。

引用元:Bush Craft Inc

おすすめ1、2と違って、自分で着火剤の元を作るイメージですが、遊び心を持ちながら火を起こすのもいいものです!

着火剤のおまけ:松ぼっくり

松ぼっくり

おすすめの着火剤とは別に、松ぼっくりを紹介します。

「えっ?松ぼっくりって着火剤になるの?」と、思ったキャンプ初心者の方いますよね。松ぼっくりは着火剤としてすごい効力を持っているんです。

松ぼっくりには松脂がたっぷりと含まれているため、1度火がつくけば焚きつけ用の着火剤としても最適です。できるだけ大きな松ぼっくりを選べば、火力も強くなります。

また別の火起こしポイントは、自然に手に入れられる乾ききった枯れ葉や針葉樹の葉っぱ、乾いた枝と一緒に使うと着火しやすくなるでしょう!

騙されたと思って松ぼっくりを着火剤として使ってみてください。

着火剤の注意点

キャンプのとき火起こし用としてとても便利な着火剤ですが、一方で使い方や管理には注意点が2つあります。

  • 追加をしない
  • 放置しない

当記事ではおすすめしていないジェル状着火剤での事故が非常に多く、多くの自治体や企業が注意喚起をしています。

追加をしない

キャンプ場の焚き火で火力が弱いのを原因に、チューブ状でジェルタイプの着火剤を追加したとき、見えない炎を伝ってプラスチック容器が破裂する危険性があります!

チューブ状ジェルタイプ
引用元:日本機械工業株

1度火が付いた焚き火には絶対に追加の着火剤を入れるのはやめましょう!

放置しない

次もチューブ状のジェルタイプによくある事件です。ジェルタイプの着火剤には、メチルアルコールというものが使われています。

メチルアルコールの特徴として、気化する(蒸発)のがあげられます。気化したメチルアルコールは空気上に浮遊していて広い範囲に拡散し、爆発の原因となる混合ガスを作り出してしまいます。

これに気が付かないまま、火をつけた瞬間に爆発する危険性がありますので、キャップを開けたままや火の近くに置くのはやめましょう!

チューブ状ジェルタイプ
引用元:いわき市役所

着火剤を正しく使って焚き火を楽しみましょう!

キャンプ初心者が持っておけば安心の着火剤について、お分かりいただけましたでしょうか。

  • FIRE RIGHTERS ファイヤーライターズ
  • 防水ファイヤーライター
  • ティンダーウッド

上記の3つの着火剤があればキャンプ初心者でも焚き火を楽しめるので、どうしても焚き火が上手くいかないで悩んでいる方は、ぜひ使ってみてください!

おまけの松ぼっくりに関しても、可愛いフォルムとは裏腹に焚き火の着火剤として十分活躍してくれます。

着火剤は使い方を間違わなければ、とても便利に焚き火を始められる道具になります。アウトドアショップにはさまざまな着火剤が揃っていますので、火起こしになれてきたら、色んな着火剤も試してみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました